OSSライセンス&セキュリティ管理ツール「FossID」

テクマトリックスでは、OSSライセンス&セキュリティ管理ツール「FossID」や、OSSライセンス・コンプライアンス、OSSガバナンス、マネジメントをサポートする各種サービスをご紹介します。 FossIDは、最新鋭のスキャニング エンジンと、膨大なオープンソース情報ナレッジベースに支えられた新しいOSSライセンス&セキュリティ管理ツールです。さまざまなプログラミング言語のファイルに対し、独自のコード検索アルゴリズムで高速にスキャンを行い、コードの派生元であるオープンソースを特定します。また、NIST(アメリカ国立標準技術研究所)で公開されるCVE(Common Vulnerabilities and Exposures:共通脆弱性識別子)情報に基づくOSSの脆弱性情報も表示し、OSSのセキュリティ対策が行えます。さらに、部分的にコピーペーストしたOSSの情報が確認できるコードスニペット検出にも対応しているため、より正確で広範囲な情報を可視化します。

OSSライセンスコンプライアンスが重要な理由

オープンソースソフトウェア(OSS)の活用はソフトウェアの生産性と品質向上の鍵となります。正しく活用すれば、製品開発において大きな競争力を得ることができます。一方で、活用機会が多くコードの改変も頻発するため、企業はオープンソースコンポーネントを識別したり、コンプライアンスを遵守したりするのに苦労するケースが多くあります。

スキャン

さまざまなプログラミング言語のファイルに対し、独自のコード検索アルゴリズムで高速にスキャンを行い、コードの派生元であるオープンソースを特定します。さらに、部分的にコピー&ペーストしたOSSの情報が確認できるコードスニペット検出にも対応しているため、より正確で広範囲な情報を可視化します。

セキュリティ

NIST(アメリカ国立標準技術研究所)で公開されるCVE(Common Vulnerabilities and Exposures:共通脆弱性識別子)情報に基づく、OSSの脆弱性情報を表示し、早期にOSSのセキュリティ対策が行えます。また、セキュリティ脆弱性の原因となるコードスニペットを検出するオプション(VulnSnippet Finder)があります。

コンプライアンス

OSS検出時にライセンスを自動検出し、OSS利用で必須となるライセンス規約遵守をサポートします。OSSは活用機会が多くコードの改変も頻発するため、企業はオープンソースコンポーネントを識別したり、コンプライアンスを遵守したりする労力がかかります。FossIDはコンプライアンスリスクや管理作業を低減させます。

資料/セミナー/サービスのご案内

OSS活用Tips集

オープンソースソフトウェア活用Tips集

テクマトリックスでは、ソフトウェアにおけるOSSの位置づけを説明しながら、企業としてOSSと上手につきあうための注意点や、OSSを利用したソフトウェア開発活動の価値を根付かせるTIPS集をご用意しました。

オープンソースソフトウェア(OSS)を上手に利用する方法とは?

オープンソースソフトウェア(OSS)を上手に利用する方法とは?無料セミナー

本セミナーでは、ソフトウェア開発における「OSSコンプライアンス」に着目し、FossID社 CEO Oskar Swirtun氏による、欧州でのOSS利用の取り組みと、OSSの必要性やメリットについて解説します。また、複雑なソフトウェアに含まれるOSSのライセンスと脆弱性を管理することができるOSS管理ツールの「FossID」をデモンストレーションを交えてご紹介いたします。

OSSサポートサービス

OSSを活用する中でお客様が抱える疑問や課題に応えるサポートサービス

OSSライセンスコンプライアンス、OSSガバナンス、マネジメントのエキスパートによるタイムリーなアドバイスを通して、お客様がOSSを最大限活用できるOSSサポートサービスパッケージを提供します。

OSSガイドラインコンサルティングサービス

全社的なオープンソース戦略、ポリシーおよびプロセスの策定に必要な要素を網羅

OSSコンプライアンス管理は、OSSガイドラインの策定や開発者への教育など、組織で規律を持ち、マネジメントしていくことが不可欠です。OSSライセンス&セキュリティ管理ツール「FossID」とあわせて、OSS管理・活用のためのガイドライン作成や教育サービスをご提案いたします。