セミナー・トーレニング

FossIDセミナー・トレーニング開催情報

FossID紹介オンラインセミナーと、OSS Management Training(OSSの管理と利用に関する有償トレーニング)の詳細をご紹介します。

FossID紹介セミナー

次世代のOSSライセンス&セキュリティ管理ツールFossID紹介セミナー (オンライン)

本セミナーでは、ソースコード内のOSS(オープンソースソフトウェア)の検知、ライセンス情報やセキュリティ脆弱性情報の確認などについて、「FossID」でのデモンストレーションを交えてご介します。FossIDは、開発プロセスとシームレスに統合可能なソフトウェアソリューションであり、コンポーネント全体からOSS一部利用(コードスニペット)まで、コード内にあるあらゆるオープンソースソフトウェア(OSS)を特定することが可能です。ぜひ、お気軽にご参加ください。

>>FossID紹介オンラインセミナー詳細はこちら


オンライン:OSS Management Training(有償トレーニング)

オンライン:OSS Management Training(有償トレーニング)

本トレーニングは、大手企業でOSSコンプライアンスのガバナンスを整備した経験を持つ講師が、企業がOSSの管理プロセスを実行していくためのノウハウをお伝えします。
本トレーニングのベースとなるプログラムは、アメリカのOpen Source Sense社により開発されました。Open Source Senseは全世界で350以上のOSSコンサルティングプロジェクトに従事し、OSSを利用したビジネスの開発、企業のOSS戦略やOSS管理ガイドラインの策定に強みを持つ米国企業です。Open Source Senseが数多くのOSSコンサルティングを行ってきたノウハウをベストプラクティス化し、効率的かつ網羅的にOSSマネジメントの基礎を習得できるプログラムです。

>>オンライン:OSS Management Training(有償トレーニング)詳細はこちら


FossID - OSSライセンス&セキュリティ管理ツール

FossIDは、最新鋭のスキャニング エンジンと、膨大なオープンソース情報ナレッジベースに支えられた新しいOSSライセンス&セキュリティ管理ツールです。さまざまなプログラミング言語のファイルに対し、独自のコード検索アルゴリズムで高速にスキャンを行い、コードの派生元であるオープンソースを特定します。また、NIST(アメリカ国立標準技術研究所)で公開されるCVE情報に基づくOSSの脆弱性情報も表示し、早期にOSSのセキュリティ対策が行えます。 さらに、部分的にコピー&ペーストしたOSSの情報が確認できるコードスニペット検出にも対応しているため、より正確で広範囲な情報を可視化します。

FossID