FossIDライセンス

OSS管理ツールFossID ライセンス

「FossID」ライセンスプランのご紹介

FossIDは、開発者の規模により「Business」「Business Premium」「Business Unlimited」のライセンス体系があります。
開発規模の目安は、FossIDを利用するプロジェクトに関わる、ソフトウェア開発者の人数です。以下記載の開発規模よりも少人数での利用を希望されるお客様は、お問い合わせください。

ライセンスの詳細につきましては、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

FossIDは、「スキャン回数が無制限」・「ソースコード容量も無制限」

 

FossIDライセンスプラン

FossIDライセンスプラン

FossIDライセンスプラン

ライセンス体系BusinessBusiness PremiumBusiness Unlimited
価格(年額)お問い合わせくださいお問い合わせくださいお問い合わせください
契約
(ライセンス体系)
サブスクリプション
ライセンス
サブスクリプション
ライセンス
サブスクリプション
ライセンス
インスタンス2 Workbench instance3 Workbench instanceお問い合わせください
開発者の規模目安100名規模500名規模(注)500名規模以上は
別途お問い合わせください
無制限のスキャン対象のソースコード容量
無制限のスキャン回数
Automation Package オプション(有償)
(CLI/API(JSON-RPC)/CI/CD)

(CLI/API(JSON-RPC)/CI/CD)

(CLI/API(JSON-RPC)/CI/CD)
Vuln Snippet Finderオプション(有償)
サポート体制FossID専用のサポート窓口FossID専用のサポート窓口FossID専用のサポート窓口
  • 年間契約のサブスクリプションライセンスです。
  • 開発規模の目安は、「FossIDを利用するプロジェクトに関わる、ソフトウェア開発者の人数」を指します。
  • ユーザー数に制限はありません。
  • スキャン回数・容量に制限はありません。
  • 保守はFossID専用サポート窓口にて承ります。

OSSライセンス&セキュリティ管理ツール「FossID」とは?

OSSライセンス&セキュリティ管理ツール「FossID」

FossIDとは、最新鋭のスキャニング エンジンと、膨大なオープンソース情報ナレッジベースに支えられた新しいOSSライセンス&セキュリティ管理ツールです。さまざまなプログラミング言語のファイルに対し、独自のコード検索アルゴリズムで高速にスキャンを行い、コードの派生元であるオープンソースを特定します。


SBOM管理が求められる理由と対処の仕方とは~オリンパス様におけるSBOMへの取り組み/自動車業界でのSBOM活用の要点~

2024年6月14日(金)にOSSコンプライアンスセミナーを開催!SBOMへの取り組みやSBOM活用の要点と、ソフトウェア開発における現在の動向などを講演します。ぜひご参加ください。

OSSコンプライアンスセミナー