OSSガイドラインコンサルティングサービス

OSSガイドラインコンサルティングサービス|OSSライセンス&セキュリティ管理ツールFossID

全社的なオープンソース戦略、
ポリシーおよびプロセスの策定に必要な要素を網羅

OSSコンプライアンス管理は、OSSガイドラインの策定や開発者への教育など、組織で規律を持ち、マネジメントしていくことが不可欠です。

テクマトリックスではOSSライセンス&セキュリティ管理ツール「FossID」とあわせて、OSS管理・活用のためのガイドライン作成や教育サービスをご提案いたします。 詳細については、お問い合わせください。

<サービスの特長>

  • 社内の包括的なOSS管理に特化
  • OSSの実務経験者が講師
  • 手法論に加え、実地ケースを共有
  • OSSガバナンスの必須要件もカバー
  • 開発、品質、基盤、法務・知財、管理職対象

OSSガイドラインコンサルティングサービス概要

OSSと貴社業務内容の関係をヒアリングしながら、御社に適したOSSコンプライアンス・セキュリティのガイドラインを策定します。

サービスの費用については、弊社担当営業もしくは、お問い合わせフォームにお問い合わせください。

サービス名OSSガイドラインコンサルティングサービス
日程

月2回(約2時間)の対面ヒアリングとガイドラインひな形の説明をおよそ3ヵ月間実施

業務内容に合わせた変更内容を確認

内容以下の内容(例)をOSSコンプライアンス・セキュリティのプロセスに反映させます。
  • OSSでの成功事例、失敗事例
  • OSSの知財リスク、法務リスク
  • ライセンスごとの開示条件対応リスト
  • OSS個別対応事例紹介
    • Linux、Android、Qtなど
  • セキュリティ技術俯瞰
  • 業務プロセス(調達、リリース、運用など)に応じた対策
納品物ガイドラインテンプレート​

成果物の目次例

    1. 推進体制と組織カバレッジ
    2. OSSを取り巻く知財リスクと法務リスクとOSS影響範囲の定義
    3. ライセンス別対応・開示方針
    4. 個別ソフトウェア対応方針
    5. 運用(選定、開発、調達、製造、リリース、維持、貢献、動向ウォッチ、コーナーケース等)
OSSガイドライン作成コンサルティングサービス
サービスの詳細については、弊社担当営業もしくは、お問い合わせフォームにお問い合わせください。


SBOM管理が求められる理由と対処の仕方とは~オリンパス様におけるSBOMへの取り組み/自動車業界でのSBOM活用の要点~

2024年6月14日(金)にOSSコンプライアンスセミナーを開催!SBOMへの取り組みやSBOM活用の要点と、ソフトウェア開発における現在の動向などを講演します。ぜひご参加ください。

OSSコンプライアンスセミナー