FossID機能紹介

OSS管理ツールFossID

FossIDとは

FossIDとは、最新鋭のスキャニング エンジンと、膨大なオープンソース情報ナレッジベースに支えられた新しいOSSライセンス&セキュリティ管理ツールです。
さまざまなプログラミング言語のファイルに対し、独自のコード検索アルゴリズムで高速にスキャンを行い、コードの派生元であるオープンソースを特定します。また、NIST(アメリカ国立標準技術研究所)で公開されるCVE(Common Vulnerabilities and Exposures:共通脆弱性識別子)情報に基づくOSSの脆弱性情報も表示し、オープンソースソフトウェア(OSS)のセキュリティ対策が行えます。さらに、部分的にコピーペーストしたOSSの情報が確認できるコードスニペット検出にも対応しているため、より正確で広範囲な情報を可視化します。

FossID社(FossID Aktiebolag)は、オープン ソースのエキスパートからなるグループによってストックホルムで設立しました。企業でのオープン ソース利用を熟知しており、オープン ソース開発プラクティスおよびライセンス コンプライアンスの分野で豊富な経験を持っています。

「わたしたちのミッションは、これまでにないレベルの正確さ、パフォーマンス、プライバシー、自動化を提供するツールの導入によって企業の OSS 利用効率を最大化することです」
Oskar Swirtun (FossID 社 CEO)

FossID:OSS管理ツール


オープンソースは、その存在を知らないでいるときにリスクとなる

スキャン:FossID

スキャン

さまざまなプログラミング言語のファイルに対し、独自のコード検索アルゴリズムで高速にスキャンを行い、コードの派生元であるオープンソースを特定します。さらに、部分的にコピー&ペーストしたOSSの情報が確認できるコードスニペット検出にも対応しているため、より正確で広範囲な情報を可視化します。

セキュリティ:FossID

セキュリティ

NIST(アメリカ国立標準技術研究所)で公開されるCVE(Common Vulnerabilities and Exposures:共通脆弱性識別子)情報に基づく、OSSの脆弱性情報を表示し、早期にOSSのセキュリティ対策が行えます。また、セキュリティ脆弱性の原因となるコードスニペットを検出するオプション(VulnSnippet Finder)があります。

コンプライアンス:FossID

コンプライアンス

OSS検出時にライセンスを自動検出し、OSS利用で必須となるライセンス規約遵守をサポートします。OSSは活用機会が多くコードの改変も頻発するため、企業はオープンソースコンポーネントを識別したり、コンプライアンスを遵守したりする労力がかかります。FossIDはコンプライアンスリスクや管理作業を低減させます。


OSSを正しく使うことは、ビジネスの強力な追い風に

  • コンプライアンス
    • ライセンス規約は再配布する際絶対に守らなくてはいけない条件
      →ライセンス違反は著作権侵害に!OSSのライセンスの確認していますか?
  • セキュリティ
    • 脆弱性はテストツールで検出できない。どこに脆弱性があるかをきちんと把握する
      →放置すれば甚大な被害に発展も!セキュリティリスクを正しく管理できていますか?

OSSを正しく使うことは、ビジネスの強力な追い風に:FossID

OSSが混入するリスクはさまざま、手作業管理は限界です。そこで、ツールを上手に活用しましょう!