デプロイメントオプション

FOSSID クラウドサービスを利用することも、社内ネットワーク内にFOSSIDソリューション全体をデプロイすることも可能です。

レギュラーデプロイメント

クラウドベースのFOSSIDソリューションを利用する場合、専用サーバーでオープンソーススキャンを実行できます。クラウドベースのスキャン実行時にFOSSIDサーバーにソースコード(ファイル名も)が送信されることはありません。ナレッジベースの照会には、ソースコードのデジタル署名だけが使用されます。

オフラインデプロイメント

ローカルにデプロイされたFOSSIDを利用する場合、FOSSIDナレッジベース全体のコピーがユーザーの社内ネットワーク内にインストールされます。結果として、オープンソースのスキャンを実行しても、外部的な依存関係や自社ネットワーク外のトラフィックは発生しません。